赤ニキビの改善には洗顔が大切

赤ニキビのケアでは洗顔が大切なのは誰もが認識していることだと思います。


だから、つい一生懸命汚れを落とそうとして、毎日ゴシゴシと洗いすぎてしまう方が多いようです。


でも炎症を起こした赤ニキビは刺激に敏感になっているので、普段は気にしなくてもいいような摩擦などの刺激でも悪化してしまう可能性があるのです。


化粧水や美容液を使ってしっかりとスキンケアをしているのに全然治らないという場合は、間違った洗い方が原因で治りにくくなってしまっているかもしれません。


そこで、赤ニキビの洗顔方法として間違った方法、正しい方法、さらにおすすめの洗顔料などを紹介したいと思います。


すぐにどんな商品を使った方がいいのかを知りたい方は「赤ニキビに使う洗顔料のおすすめランキング」を参照して下さい。


洗顔方法が原因でで赤ニキビが治りにくくなる

赤ニキビが治らない、またはニキビ用の化粧水や美容液を使っているのになかなか改善しないという場合には、その前の工程である洗顔に問題がある可能性が高いです。


間違った洗い方をしているとどうして改善しにくくなるのかというと


  • 摩擦による肌への刺激
  • 洗いすぎで皮脂が過剰に分泌
  • ターンオーバーの乱れで毛穴が詰まる

といったデメリットがあるからなのです。


それぞれについて、赤ニキビが治りにくくなる理由をしっかりと理解して、あなたが普段行っている洗い方に問題がないか?しっかりと確認していきましょう。


摩擦による肌への刺激

間違った洗顔方法で最も多いのが、必要以上に摩擦を加えてしまうというものでしょう。

しっかりとニキビを早く治したり、再発を防止するためにしっかりと汚れを落とそうという気持ちが強いために、力を入れて擦ってしまうんですよね。


優しく洗うと何となく汚れが落ちないような気がしてしまうタイプの方は、自分でも気づかないうちに余計な刺激を加えて赤ニキビが治らない原因を作ってしまっている可能性があるので注意が必要です。


基本的に手と顔の皮膚を直接接触させないように、ちゃんと泡を介在させるように力加減や泡立てを調節することが重要です。


洗いすぎで皮脂が過剰に分泌

赤ニキビを治すために1日に何度も洗顔をしている方は、逆に肌が乾燥して皮脂の分泌が過剰になり、毛穴を詰まらせやすい肌質になってしまっている可能性があります。


ニキビの根本的な原因である毛穴のつまりは、古い角質と皮脂が混ざって固まったものなので、過剰な洗顔を続けているとどうしても毛穴が詰まりやすくなってしまうのです。


思春期ニキビの場合は、体の成長に伴って細胞が活性化して次から次へと皮脂が分泌して毛穴を詰まらせるのが原因なので、こまめに洗うことも大切なのですが、大人の場合は乾燥や後述するようなターンオーバーの乱れが原因の場合がほとんどなので、頻繁に洗うのは逆効果になってしまうことが多いのです。


ターンオーバーの乱れで毛穴が詰まる

摩擦による刺激や洗いすぎて肌が乾燥すると、皮膚の表面にある角質層が入れ替わるサイクルであるターンオーバーが乱れてしまいます。


皮膚は刺激を続けると、その刺激から肌を守ろうとして皮膚の表面でバリアとして働いている角質層を厚くしようとします。


角質を厚くするために、本当なら垢となって剥がれ落ちるはずだった古い角質を残しておこうとするため、ターンオーバーが乱れるのです。


そうすると、毛穴の周囲に厚みを増した角質が乗るわけですから、毛穴が塞がれてつまりやすい状態になってしまうのです。


また、過剰な洗顔によって角質層に必要な油分が減少すると、バリア機能が低下して刺激に弱くなるため、バリア機能を補強しようとして角質を厚くする必要があるため、結果的に毛穴つまりやすくなってしまう可能性があるのです。

正しい洗顔方法を実践するために必要なこと

赤ニキビを早く改善するためにどのような洗顔方法をする必要があるかというと、先ほど説明してきたようなj間違った方法を避けるようなやり方をすればいいだけです。


具体的には


  • 顔を洗うのは1日2回以下
  • 弾力のある泡で摩擦を和らげる
  • 保湿成分や抗炎症成分を配合したものを使う

といったことです。


顔を洗うのは1日2回以下

炎症を起こした赤ニキビがある場合は、乾燥肌の予防や刺激の緩和のためにも、基本的に洗顔は1日2回以下にするようにしましょう。


また、炎症がひどくてヒリヒリしている場合や化粧水などがしみるような場合には、朝は水だけで洗って、夜だけ洗顔料を使うくらいでいいと思います。


弾力のある泡や汚れを吸着する成分で摩擦を和らげる

次に、必要以上の摩擦刺激によって炎症を悪化させてしまわないためにも、弾力のある泡をたっぷりと使って洗うことが大切です。


擦らないように注意を払うことも大切ですが、泡立ちが悪かったり、泡があっても弾力のないものだと、どうしても手と顔の皮膚が接触して擦られてしまい、余計な刺激を与えてしまいます。


そのため、擦を避けるには力加減に頼るのではなくて、泡がクッション代わりになって刺激を緩和できるような弾力の泡が作ったり、汚れを吸着するタイプの泥や炭などの成分を利用した洗顔料を使用することが大切です。


だから、豊富な泡を作るにしても、ただ泡立てネットなどで泡を作ればいいというものではなく、弾力のある泡を簡単に作れるような洗顔料を選ぶ必要があるのです。


また、刺激を緩和するのであれば、も

保湿成分や抗炎症成分を配合したものを使う

これは、上記の2つの項目ほど絶対に必要というわけではないのですが、炎症を起こした赤ニキビのケアに使用する洗顔料ならば、炎症を抑制する効果の期待できる成分や、乾燥を防ぐためにも保湿成分などを配合した石鹸の方がいいという意味です。


基本的には刺激をしないようにすることの方が大事なので、弾力のある泡が作れるような洗顔料がいくつかあってどれにしようか迷ったら、抗炎症成分や保湿成分を多く配合したものを選んでみるといいでしょう。


このように赤ニキビのケアにおいては、肌に優しい方法を優先することが大事なのですが、実践するためには刺激をしないように意識するだけでなく洗顔料選びがとても大切なのです。


そこで、赤ニキビに合った正しい洗い方を実践するためにおすすめの洗顔料を紹介しますので、参考にしてみて下さい。

赤ニキビに使う洗顔料のおすすめランキング

ビーグレン

ビーグレン

商品の特徴

ビーグレンのニキビケアで注目されている新発想の泥洗顔。

マイナスイオンを帯びたモンモリロナイトという泥の微粒子によって汚れを吸着するので、擦らずにスッキリとした洗い上がりを実現。

ビーグレンで人気のニキビケアセットである洗顔、化粧水、美容液、クリームが1週間試すことができて1,800円&365日間全額へ金保証付き!

価格 1,800円+税
評価 評価5
送料 無料
ポイント
  • 微細な泥成分によって擦らずに汚れを吸着
  • 洗顔を含むニキビケアライン1週間分が1,800円
  • 365日間の返金保証付き
ビーグレンをもっと詳しく見てみる
VC泡フォーマー

VC泡フォーマー

商品の特徴

VC泡フォーマーは、手やネットでは作れない濃密で微細な泡をポンプで簡単に作れる人気の洗顔フォーム。

肌に優しいだけじゃなく、抗炎症成分のグリチルリチン酸ジカリウムや保湿のためにはちみつなどをふんだんに配合しているのですすぎ後もしっとり。

VC泡フォーマーにビタミンC誘導体シリーズの化粧水や美容液のセットが通常5,000円のところ初回のみ3,990円です。

価格 3,990円+税
評価 評価4.5
送料 無料
ポイント
  • 綿密でふっくらとした繊細な泡を簡単に作れる
  • 抗炎症成分や保湿成分を配合しているのでニキビケアにぴったり
  • 洗顔フォームにビタミンC誘導体配合の化粧水、美容液、クリームがセットになって3,990円+税
もっと詳しく見てみる
然(しかり) よかせっけん

よかせっけん

商品の特徴

累計販売数2,500万個を突破した話題の石鹸。

完然無添加にこだわって職人が手作りし、豊富な泡で刺激をやわらげつつ火山灰に含まれる天然のシリカによって汚れを吸着するという肌へのやさしさを徹底。

通常価格3,600円のところ初回限定で50%OFFの1,800円。

価格 1,800円+税
評価 評価5
送料 500円
ポイント
  • 累計販売数2,500万個突破
  • 天然シリカの吸着力とへたりにくい泡で優しく汚れしっかり除去
  • 初回限定50%OFFの1,800円+税
もっと詳しく見てみる