角栓を改善するためにはどんな化粧水がいい?

角栓ケアというと洗顔やパックに目が行きがちですが、実は保湿がとても重要なので化粧水や美容液選びがとても大切です。


でも、多くの方が毛穴に効く化粧水や美容液というと、毛穴を引き締めたり皮脂を抑えるような効果の期待できるコスメを選びがちですが、実はそれが逆効果になってしまうこともあるので注意が必要です。


このような化粧水の使用は、皮膚を乾燥させてしまうため、肌質によっては角栓を目立たせる結果になりかねないのです。


そのため、角栓ケアに保湿が必要な理由や、化粧水の選び方、おすすめの化粧水などを紹介していきたいと思います。


すぐにコスメ情報を知りたい方は、「角栓ケアにおすすめの化粧水ランキング」を参照してください。


角栓ケアに保湿が必要な理由

角栓ケアで化粧水などによる保湿が重要だと言いましたが、どうして保湿が重要かをしっかりと理解していますか?


ここをわかっていないと、安易に収れん化粧水などを使ってしまって、肌を乾燥させてしまい、毛穴が目立ちやすくなってしまうことがあるのでしっかりと保湿の意味を理解しておきましょう。


では、角質ケアにおいてどうして保湿が大事かというと


  • 過剰な皮脂分泌を防ぐ
  • ターンオーバーを改善する

という効果をサポートしてくれるからです。


もう少し詳しく説明しましょう。


過剰な皮脂分泌を防ぐ

角栓や毛穴が目立つ原因の1つに過剰な皮脂分泌というものがあります。


角栓ができてしまうのは、毛穴に詰まった角質が皮脂と絡みあって固まってしまうことが原因なので、過剰な皮脂分泌が起きないようにする必要があります。


角栓の原因について詳しくはこちら > 鼻のブツブツは何?原因と汚れを取るために必要な対策を紹介


皮脂が過剰に分泌されてしまう原因は何かご存知ですか?


もちろん体質的ものもあるのですが、10代の多感な時期ではない限り大人の場合の多くは肌が乾燥していることが原因です。


潤いが不足しているためにどうにかして補おうとして皮脂をたくさん出しているのですね。


そのため、角栓の原因の1つである皮脂をコントロールするためには、保湿をしっかりと実践して潤いのある肌を保つことが不可欠なのです。


過剰な皮脂を抑制するための化粧水と言うと、最初にも言ったようにすぐに収れん化粧水のようなものをイメージする方が多いのですが、収れん化粧水は揮発性のアルコールなど使用して皮膚の水分を蒸発させ冷却して皮脂分泌を抑えるものなので、肌質によっては乾燥を促進させてしまうのです。


そのため、乾燥は全くないのにどうしても皮脂がたくさん出るような思春期の頃のような肌質でない限り、皮脂を抑えるにはしっかりと保湿をすることが大切なのです。


ターンオーバーを改善する

皮脂とともに角栓の原因になる古い角質が残ってしまうのは、肌のターンオーバーが乱れてしまうからですね。


加齢などの影響で新しい皮膚を作るスピードが遅くなってくると、古いものが残るようになってしまって、それが毛穴を塞いで詰まらせるようになるのです。


ではどうしてターンオーバーの改善に保湿が大事かというと、保湿をすることで皮膚の持っているバリア機能を保護することができるからです。


年齢とともにターンオーバーが遅れることは仕方がないことなのですが、残った古い角質層には水分や油分が不足しています。


肌を保護する役割をしている角質層は、乾燥すると隙間が多くなり、本来持っているバリア機能が低下していきます。


そすると、今までは何ともなかったようなちょっとした刺激でも肌荒れや炎症を起こしやすい肌になってしまうので、ターンオーバーをさらに遅らせて角質を古い角質を残して厚みを増すことで防御力を補おうとするのです。


そのため、乾燥して弱くなった肌は余計に古い角質が増えて角栓や毛穴が目立ちやすくなってしまうため、しっかりと保湿をして角質層の持つバリア機能をサポートする必要があるのです。


以上を簡単にまとめると角栓ケアでは、過剰な皮脂を抑えて古い角質が残りにくい肌を作るためにも、「潤いを保持する」ことと「バリア機能を改善する」ために保湿をしっかりとする必要があるのです。

角栓ケアで使用するべき化粧水の選び方

角栓ケアで保湿が重要な理由は、毛穴を詰まらせる皮脂や角質を抑制するためにも「潤いを保持する」ことと「バリア機能を改善する」ことが大事でしたね。


では、そのためにどのような化粧水や美容液を選んだらよいでしょうか?


ポイントとしては


セラミドを配合しているもの

を選んでみることをおすすめします。


これだけだとピンとこない方も多いと思うので、どうして角栓ケアでセラミドが必要になるのかを詳しく説明しましょう。


水分の保持機能を整える

過剰な皮脂分泌を抑えるためには、潤いの肌を維持する必要があります。


ただ、多くの方が勘違いしているのですが、みずみずしい肌を維持するために必要なのは、化粧水などで保湿成分を与えることではありません。


それよりも大事なのは、皮膚の内側にある水分を保持することが大切なのです。


そして、皮膚の水分を保持するために欠かせないのがセラミドなのです。


皮膚の表面には角質層といううるおいを逃がさないようにするための薄い膜があるのですが、角質層には隙間がたくさんあります。


この隙間を埋めて水分が蒸発しないように守ってくれいるのがセラミドなのです。


そのため、余計な皮脂で角栓を詰まらせないためにも、不足しているセラミドを化粧水や美容液で補ってあげることが重要なのです。


バリア機能を改善する

保湿が必要な理由のところでお話ししたように、皮膚のバリア機能が弱っていると角質層を厚くして防御力を高めようとするため、ターンオーバーが乱れて古い角質が多くなってしまいます。


そのため、バリア機能を改善する必要があるのですが、そこでもセラミドが重要なのです。


先ほど角質層には隙間があってセラミドが埋めてくれているから水分が逃げないと言いましたが、セラミドが角質層の隙間を埋めることで外部からの伊津部の侵入も防いでくれているのです。


そのため、セラミドがしっかりと機能している肌はバリアとしての機能も維持しやすく、刺激に強い肌になりやすいのです。


だから、ターンオーバーを正常に保って角栓のできにくい肌を作るためには、セラミドを補給できるような化粧水や美容液を選ぶ必要があるのです。

角栓ケアにおすすめの化粧水ランキング

ライースリペア

ライスリペア

商品の特徴

不足したセラミドを補うだけでなく、肌がセラミドを生み出す力をサポートするという新発想から生まれたコスメ。

水分を保持する機能を改善する効果が認められたライスパワーNO.11という国産米から抽出された成分が配合された注目の化粧品です。

ライスパワーエキスを配合した化粧水と美容液、クリームがセット(10日分)になって1,750円で試すことができます。

価格 1,750円+税
評価 評価5
備考 送料無料
ポイント
  • セラミドを補給するだけでなく生成する力をサポートするという新発想
  • 水分保持機能を改善する効果が認められたライスパワーNo.11という成分を配合した医薬部外品
  • 化粧水・美容液・クリームが10日間試せるお得なセットが1,750円+税
もっと詳しく見てみる
トリニティーライン

トリニティーライン

商品の特徴

薬品で有名な大正製薬グループが開発したオールインワンゲル。

セラミドを配合しているのはもちろんジェル全体の95%が美容成分でできているから、保湿力の高さが全然違うと評判。

通常価格3,800円のところ初回の方は半額の1,900円!これ1つで済むから忙しい女性におすすめです。

価格 1,900円+税
評価 評価4.5
備考 無料
ポイント
  • 大正製薬グループが開発したセラミド入りオールインワンゲル
  • セラミドを含む48種の美容成分がジェルの95%以上を占めるほどの高濃度
  • 初回は通常価格の半額1,900円+税
もっと詳しく見てみる
シュセラ モイストゲル

シュセラモイストゲル

商品の特徴

クレンジングなどで有名なシュウコスメティクスが作ったセラミド入りオールインワンゲル。

セラミドの中でももっとも人の皮膚に含まれているものに近く、合成したものの3倍の保湿力があるという天然ヒト型ナノセラミドを配合している点が大きな特徴です。。

通常価格4,290円のところ、初回限定で53%OFFの1,990円です。

価格 1,990円(税込)
評価 評価4
備考 送料無料
ポイント
  • 実力はブランドのシュウコスメティクスが開発したオールインワンゲル
  • 貴重かつ合成セラミドの3倍の保湿力を持つ天然ヒト型ナノセラミドを配合
  • 初めての方限定で53%OFFの1,990(税込)で購入可能
もっと詳しく見てみる

保湿ケアで角栓が改善しない時に必要なこと

角栓ケアにおいて保湿はとても大事だと説明してきましたが、ちゃんと保湿をしているのにすぐに乾燥してしまうし、角栓も改善しないという方もいるでしょう。


その場合には、化粧水や美容液で保湿をする前のスキンケアに問題があると考えられます。


具体的にはクレンジングと洗顔ですね。


保湿をする前のメイク落とし、または洗顔で過剰なケアや間違った方法を実践しているために、セラミドが必要以上に流出してしまっていくら化粧水や美容液で補給しても、まだ不足した状態なのかもしれません。


そのため、もしも保湿を正しく実践して言うrのに乾燥肌が続いていて毛穴も目立つという場合には、クレンジングや洗顔のやり方を見直してみましょう。