角栓ケアにいい洗顔料ってどんなもの

鼻の汚い角栓や毛穴の黒ずみをどうにかしたいと悩んでいる女性の多くは、余分な汚れをしっかりと落とせるような洗顔料に変えてみようと思ったことがあるのではないでしょうか?


でも、実際には洗浄力の強い洗顔料を使用したりゴシゴシと強く洗ったりしていると、今よりも角栓を目立たせる結果になってしまう可能性があるのです。


意外と多くの方が勘違いしているのですが、洗っただけでは角栓をなくすことはできません。


必要なのは、毛穴に詰まった汚れを取り除くのではなくて正しい洗い方を毎日のスキンケアに取り入れることで、「角栓のできない肌を作ること」なのです。


正しい方法を実践するためにも、ちゃんと洗っているのに角栓が落ちない理由や、必要な対策と適切な洗顔料の選び方、おすすめの商品、さらにどうしても改善できない時に実践したいことなどを紹介していきます。


洗顔をしても角栓が落ちない理由

最初にも言いましたが、いくら頑張って顔を洗っても角栓が取れることはありません。


その理由は、そもそも洗顔料自体に角栓を分解するような力がないからです。


ちゃんと認識していない方も多いのですが、


  • 皮脂やほこりなどの汚れを落とすのが洗顔の役割
  • 間違ったやり方で洗い続けるとむしろ角栓を増やしてしまう

という事実があるため、洗っただけで角栓はとれないけれども、無駄に増やさないためには正しいやり方を知ることが必要なのです。


正しい洗い方を実践する上で上記の2つの点はとても重要なことなので、それぞれもう少し詳しく説明しますのでしっかりと理解しておいて下さいね。


皮脂やほこりなどの汚れを落とすのが洗顔の役割

何か角栓をうまく除去できるような洗顔料はないかと考えている方は、まずは顔を洗う意味をしっかりと理解しておく必要があります。


そもそもメイクはクレンジングで落とし、余分な皮脂やほこりなどの汚れは洗顔料で落とすのが基本ですね。


鼻のブツブツの原因でも書いた通り、角栓は古い角質が毛穴に詰まり、メイクや皮脂で固まってしまったものです。


つまり、ほとんどが角質(皮膚の一部)なので洗顔料で分解することができません。


当たり前ですが、顔を洗ったら皮膚が溶けてしまったなんてことはありませんよね?


だから、当然ながらいくら泡を使って一生懸命ゴシゴシしても、毛穴に詰まった角質を落とすことはできないのです。


顔を洗うのはあくまでも皮脂やほこりなどの汚れを落とすもので、毛穴に詰まったものを取り除くような効果はそもそも期待できないのです。


間違った洗い方が毛穴を詰まらせてしまう

ここまでの説明で角栓ケアでは洗うことの意味がないように思えるかもしれませんが、今以上に角栓をひどい状態にしないためにも毎日正しい洗い方を実践する必要があります。


なぜなら、毛穴の汚れをなくそうとしてゴシゴシこすったり、スクラブ入りのものやピーリング石鹸などを使った過剰な摩擦や刺激を続けていると、逆に毛穴が詰まりやすい肌になってしまうからです。


皮膚は刺激を続けていると、何とかして刺激から身を守ろうとしてバリア機能を高めるために皮膚の表面にある角質を厚くしようとする性質があります。


角質を厚くするにはターンオーバーを遅らせて古い角質を残す必要があるため、どうしても毛穴が狭くなってつまりやすい状態になってしまうのです。


だから、いくら頑張って洗っても角栓が取れることはないのですが、過剰に汚れを落としたり刺激を加えるような間違った洗い方が原因で毛穴が詰まりやすくなるのを避けるためにも、正しい洗顔をすることがとても大切なのです。

角栓ケアに必要な洗い方と適した洗顔料の選び方

先ほど説明したように必要以上に刺激を与えるような洗顔をしていると、汚れを落とすどころか反対に角栓のできやすい肌を作ってしまうというデメリットがあります。


では、毛穴の目立たない健やかな肌を作るにはどのような洗い方を実践する必要があるかというと


肌への刺激をできるだけ減らす

ことが重要なのです。


そして、低刺激洗い方を実践するには、テクニックよりも洗顔料選びが重要で


  • ほどよい洗浄力
  • 豊富な泡が簡単に作れる

という2つの条件が揃ったものを使用する必要があるのです。


どうしてこの2つが重要なのかを簡単に説明しますね。


ほどよい洗浄力

前にも少し触れましたが、ピーリング作用があったりスクラブ入りなどの洗浄力が強めの洗顔料を使っていると、肌に必要以上の摩擦刺激を与えてしまったり、乾燥を誘発させてしまうことがあります。


過剰な刺激は古い角質を残してしまう原因になるため毛穴が詰まりやすくなりますし、洗いすぎによって必要な油分まで除去してしまうと乾燥を防ごうとして皮脂分泌が過剰になってしうため、結果的に毛穴を塞ぎやすくなってしまうのです。


そのため、洗い方のテクニック以前に極端に洗浄力の強いものを避けて肌に優しい洗顔料を選ぶことを重視することが大切です。


また、すすぎの時にも熱いお湯を使うと必要な油分まで流出してしまうので、ぬるま湯を使うことを忘れないでくださいね。


豊富な泡が簡単に作れる

また、顔を洗う時に肌への刺激を避けるためにはクッションのような弾力のある泡が不可欠です。


できるだけ優しく洗うと言っても力加減を調節しただけでは、どうしても手と顔の皮膚が接触した時に摩擦が起きて刺激を与えてしまうため、肌への負担を和らげてくれるようなもっちりとした泡で洗うことが肌への刺激を減らすコツなのです。


泡立ちをよくするならネットを使えばいいと思いがちですが、例えばボディソープでは泡をたくさん作ることはできても、弾力の泡をつくることはできませんよね。


そのため、泡立て方を工夫するよりも簡単に泡立てられる洗顔料を選ぶことがとても重要なのです。


以上のように、敏感肌でも安心な肌に優しい洗顔方法を実践するためには、適度な洗浄力で弾力のある泡が簡単に作れる洗顔料を選ぶ必要があるのです。

角栓ケアにおすすめの洗顔料ランキング

ヴァーナル もち肌洗顔セット

ヴァーナル

商品の特徴

テレビでお馴染みのヴァーナルが開発した大人気の洗顔石鹸。30年にも及ぶロングセラー商品で、販売実績4,900万個、12秒に1個売れているという圧倒的な実績。

毛穴トラブルを改善するためにメイク落とし用の石鹸、洗顔用の石鹸で正しい洗い方を実践できるのでスキンケアを見直したい方にぴったり。

人気の石鹸2個セットに加えて泡立てネットがついて、通常より30%OFFの1,980円で試すことができます。

価格 1,980円(税込)
評価 評価5
備考 送料無料
ポイント
  • ヴァーナルが開発した12秒に1個売れている石鹸のセット
  • メイク落としと洗顔の両方を正しく実践するための石鹸セット
  • 初回限定で30%OFFの1,980円
もっと詳しく見てみる
然(しかり) よかせっけん

よかせっけん

商品の特徴

職人が無添加にこだわって天然成分だけを配合して作った累計2,500万個の販売実績、口コミサイトでも評判のいい定番のアイテム。

火山灰に含まれるシリカパウダーが毛穴の汚れざらつきに効果を発揮し、クセになるほどのなめらかなモコモコ泡で刺激を緩和するため毛穴ケアにぴったり。

定期便(いつでも解約OK)なら、ずっと1,705円で購入できるのでコスパも抜群です。

価格 1,705円+税
評価 評価4.5
備考 送料500円
ポイント
  • 累計2,500万個の販売実績のある定番の石鹸
  • シリカパウダーの吸着力となめらかな泡で優しくしっかり汚れを吸着
  • 1ヵ月分で1,705円+税
もっと詳しく見てみる
くろあわわ

くろあわわ

商品の特徴

大人気の洗顔料である「どろあわわ」に、泥と炭の力を加えて毛穴の汚れを徹底ケア。

泥や炭の持つ吸着力でゴシゴシしなくてもしっかりと汚れを捕まえてくれるので肌に優しく潤いを保持してくれるのを実感できるでしょう。

弾力のある泡や美容成分も豊富なため、使い心地の良さと洗い上がりのしっとり&サッパリ感は格別です。

価格 2,480円+税
評価 評価4
備考 送料無料
ポイント
  • 累計1,050万個突破したどろあわわシリーズの毛穴ケア版
  • 泥と炭の吸着力と弾力のある泡で汚れを落としてながらしっかり潤う
  • 1ヵ月分で2,480円+税
もっと詳しく見てみる

正しい洗い方を実践しても改善が見られない場合

今まで紹介してきたような洗い方を実践したり、洗顔料選びも適切に実践しているのに、なぜか全然角栓がなくならないという方もいるでしょう。


そのような場合には、洗顔以外のスキンケアに問題があるのかもしれません。


例えば、メイク落としの段階で必要以上に油分を取ってしまっていたら、いくらその後に優しく洗っても意味がないですよね。


また、反対に正しく洗えているのに保湿が不適切であるために、乾燥やターンオーバーの乱れを引き起こしているケースもあります。


そのため、もしも適切な洗い方を実践しているのに改善しないという方は、メイク落としや化粧水の見直しをしてみて下さい。