ひどい顔のテカリを改善したい

すぐに顔がテカリ始めてしまってどうしたらいいかわからないという女性は多いのではないでしょうか。


実際、私も以前は夏も冬もずっと続く過剰な皮脂に悩んでいました。


朝しっかり洗顔をしてもお昼前にはおでこや鼻といったTゾーンを中心にテカリだして、メイクは崩れるし何となく不潔感があるのでしょっちゅうトイレに行ってメイクを直したり、あぶらとり紙で余分な皮脂を吸収したりしていました。


でも、いくら過剰に分泌される皮脂を除去しても根本的な解決になりませんし、安易に収れん化粧水を使ったり必要以上に洗顔をすることが逆にテカリを促進させてしまうこともあるので注意が必要です。


そこで、あなたの顔がテカリやすくなっている原因や、肌質に合った対策方法について紹介しますので、日々のスキンケアに取り入れてみて下さい。


すぐにスキンケア方法やおすすめの化粧品について知りたい方は「顔のテカリ対策に必要なスキンケア」を参考にして下さい。


顔がテカるようになる原因

顔のテカリを改善するといっても、実は原因が人によって異なるため、まずはどのようなことが原因で皮脂が過剰に分泌しているのかを知る必要があります。


テカリ易くなってしまう主な原因としては、


  • 喫煙
  • 食生活の偏り
  • ホルモンバランス
  • 保湿不足
  • 洗いすぎ

といったものがあります。


適切なスキンケアを実践できるようにするためにも、それぞれについてどうしてテカリの原因になってしまうのかしっかりと理解しておきましょう。


喫煙

喫煙をすることで体内のビタミンC消費量が増えるのですが、ビタミンCには皮脂を抑制する作用があるため、タバコを吸うことが皮脂の分泌促進につながってしまっている可能性があります。


肌の美しさを保つのに欠かせないビタミンCは、タバコをたった2本を吸うだけで一日の必要量が失われてしまいます。タバコ1本で25〜100mgものビタミンCが破壊される為、タバコを吸うとビタミンC不足をまねいてしまうのです。 出典:横浜市健康福祉局

タバコの中にはタールやニコチンといった有害物質がたくさん含まれているのですが、これらが体内に取り込まれると体の免疫細胞が有害物質を退治するために、活性酸素を使って攻撃をしようとします。


活性酸素は有害なものだけでなく正常な細胞まで劣化させたり肌の老化を促進させてしまう性質があるため、活性酸素が増えすぎないように抗酸化作用のあるビタミンCが使われてしまうのです。


そのため、喫煙習慣のある方は血液中のビタミンC濃度が下がり、皮脂のコントロールがうまくできずに過剰分泌を引き起こす可能性があるのです。


食生活の偏り

女性の場合はそれほど多くはないのですが、食事の偏りが原因で皮脂の分泌が多くなることもあります。


水分を取りすぎると汗がたくさん出るのと同じように、脂質の多い食事ばかりだと、体内で排出できずにたまった脂質を少しでも外側へ出そうとして皮脂の分泌も多くなってしまうのです。


女性では少ないと思いますが、仕事などでお酒の付き合いが多く、どうしても油を使った食べ物が多くなりがちな方は、できるだけ野菜などを摂るようにしてみて下さい。


ホルモンバランス

生理前になるとテカリがひどくなったり、ニキビができやすくなるという方は、ホルモンバランスの乱れが原因で皮脂が過剰に分泌している可能性が高いです。


基本的に女性ホルモンは皮脂を抑え、男性ホルモンは皮脂の分泌を過剰にするため、一般的に男性の方がオイリー肌になりがちですよね。


ですが、女性は周期的にホルモンの働きが変わるため、ホルモンバランスの変化が皮脂の分泌に大きく関係してくるのです。


具体的に言うと、排卵のためのホルモンが分泌されると女性らしい綺麗な肌を作ろうとするのですが、排卵が終わって妊娠の準備を始めるためのホルモンが働くようになると、今度は男性ホルモンの働きが優位になるのです。


そのため、生理前になると顔のテカリがひどくなったり、ニキビや肌荒れなども起きやすくなるのです。


生理前は黄体ホルモン(プロゲステロン)の影響によって、皮脂の分泌が盛んになるので、より大人ニキビができやすくなるんですよ。出典:ソフィ

だから、生理前だけ肌の調子が悪いという方は、その時期だけでも肌質に合ったスキンケアに変えることが有効でしょう。


保湿不足

これが一番多い原因ですが、しっかりと化粧水や乳液などを塗っているつもりでも、ちゃんと保湿ができていないという状態です。


多くの方が保湿というと化粧水を大量に塗ったり、乳液のような油分の多いものを塗ったりすればいいというイメージを持っていますが、加湿と保湿はちょっと違います。


肌に必要な水分を補給するのは大切ですが、それだけでは水分を保持することはできません。


潤いを維持するためには、肌の内側の水分を逃がさないようにしてくれている角質層(肌の再表面の皮)を整えてあげる必要があるのです。


具体的に言うと、角質層の隙間を埋めて水分を維持したり、外側からの刺激を緩和するバリア機能を形成するうえで欠かせないセラミドという脂質を補給してあげることが大切なのです。


なんとなく水分や油分を塗ればいいと思いがちですが、それだけでは保湿不足になることも多く、その場合には不足したセラミドを補ってあげるようなスキンケアを実践するべきなのです。


洗いすぎ

これもテカリがひどい方に見られる原因なのですが、顔を洗いすぎて余分な皮脂だけでなく必要な油分まで取り除いてしまったために、逆に皮脂の分泌が過剰になってしまっている状態です。


皮脂の分泌が多いと何となくちゃんと洗わないと肌トラブルの原因になるというイメージがあると思いますが、それは思春期のように細胞が活発であるために皮脂が多量になっている場合です。


10代の頃は皮脂が多すぎるために毛穴が詰まってニキビができやすくなるのですが、大人の場合は乾燥によって皮脂が過剰になってしまう場合がほとんどです。


だから、思春期ニキビと同じように皮脂をできるだけしっかりと洗い流そうとして1日に何度も洗顔をしたり、ピーリング作用のあるものやスクラブを使用した洗浄力の強い洗顔フォームを使用したりすると、皮脂を取りすぎたり、さきほど説明したセラミドが流出して水分を保持する能力が低下して逆にテカリを促進させてしまっていることが多いのです。


(他にもストレスなどの自律神経の乱れから、皮脂が多くなってしまうこともありますが、ストレスをなくすのは無理なので取り上げていません。)


皮脂が多いとメイクのノリが悪くなったり崩れやすくなったりして見た目が悪いだけでなく、毛穴の詰まりやニキビ、さらには酸化した皮脂が肌への刺激となって炎症を引き起こしたりもするので、できるだけ早く皮脂を抑制するための対策を実践する必要があるのです。

顔のテカリ対策に必要な皮脂を抑えるためのスキンケア

ここまでテカリの原因について詳しく説明してきましたが、原因がしっかりと理解できれば改善するために必要な対策は簡単ですね。


ホルモンバランスの影響については女性なら少なからず受けるものなので、基本的には「保湿不足」と「洗いすぎ」という原因について、あなたの当てはまりそうな方を対策する必要があります。


保湿不足の場合は、今使っている化粧水が適していない可能性が高いので見直してみること、そして洗いすぎの場合には洗顔方法や使用する洗顔料をもう一度見直してみましょう。


必要な保湿ケアとおすすめの化粧水

毎日しっかり保湿しているのになぜかテカリがひどいという方は、原因のところで説明したように水分を補給するための化粧水ではなく、保持しておくために欠かせないセラミドを補うことのできる化粧水(または美容液)を使用するようにしてみましょう。


セラミドは、皮膚の表面にある角質層という0.02mmの薄い膜の隙間を埋めて、肌への刺激を緩和したり水分を保持したりするために不可欠な成分なのですが、加齢や睡眠不足、過剰な洗顔などによって徐々に減少していきます。


そうすると、いくら保湿をしっかりと実施しても潤いのフタとして働くはずのセラミドが不足しているために、どんどん水分が蒸発して乾燥し、結果的に皮脂の分泌が過剰になってテカリやすくなるのです。


そうならないようにするためにも、普段のスキンケアに不足したセラミドを補給できるようなコスメを取り入れてみることを検討してみて下さい。


洗顔の見直しとおすすめの洗顔料

セラミドを補給してもまだテカリが改善しない場合は、洗いすぎが原因で必要以上にセラミドが流出してしまっている可能性があるので、洗顔の見直しが必須です。


テカリが気になるからといって、スクラブ入りの洗顔料をしようしたり、力を入れゴシゴシと洗っていませんか?


そのような方は、洗顔方法の基本である「弾力のある泡で手と顔が直接触れないように洗う」ということを意識してみて下さい。


弾力のある泡で洗うことで、多少力加減をミスして強くこすっても、泡がクッション代わりになって手による摩擦刺激を受けにくくなるので、必要な皮脂の除去やセラミドの流出を防止する効果が期待できるのです。


力を入れないように優しく洗えばいいと思っている方もいるかもしれませんが、ハンドソープのように泡立ちの悪いもので顔を洗うとどうしても手で直接顔の皮膚をこする形になってしまうため、力加減よりも泡立ちのいい洗顔料を選ぶことが大切なのです。


だから、今使用している洗顔料で上手に泡立てができないのであれば、洗顔料を見直して弾力のある泡が簡単に作れるものに変えてみて下さい。


生理前だけテカリがひどいという方は、その時期だけでも今説明したようなスキンケアを実践してみるといいでしょう。


テカリの改善はただ皮脂を落とせばいいだけじゃなく、乾燥しやすい体質の改善が必要なるケースが多いので、生活習慣の改善やスキンケアの見直しを地道に実行していくことが重要であることを忘れないでくださいね。

放置すると毛穴トラブルを引き起こすので注意

顔のテカリはなんとなく不潔な感じがする見た目の悪さや、メイクが崩れやすくなるから改善したいという方が多いと思います。


でも、体質だからしょうがないとあきらめて放置していると、毛穴に関わる様々なトラブルに発展する可能性があるのです。


今はまだ皮脂の分泌の多さだけが気になるかもしれませんが、それが原因で毛穴の開きが目立つようになったり、汚れが詰まって黒ずみや角栓といった症状を引き起こすことがあるのです。


 >鼻のブツブツは何?原因と汚れを取るために必要な対策を紹介


また、毛穴が詰まるとひどい時にはニキビへと発展してしまうこともあります。


ニキビはひどくなると炎症を引き起こし、最悪の場合は一生治らない跡が残ってしまうこともあるので、もしもニキビができた場合はテカリ以上にスキンケアに気を遣わなくてはなりません。


 >赤ニキビのケアは洗顔が重要!正しい洗い方やおすすめの洗顔料を解説


皮脂が多いならあぶらとり紙でも使って対処すればいいやと思っていると、上記のようなトラブルを引き起こす可能性があるので、適当なケアをせずに根本的な改善をすることが大切なのです。